【ライブレポ】2021.1.10 NEW YEAR LIVE 2021 Day2

f:id:aeonchannel:20210613200435j:plain
2021年1本目のライブ!
明けました!

地元ライブハウスに足を踏み入れた瞬間
『ああ、帰ってきた…!』と
感慨深かったですね。

やっぱりここでライブを観ないと
年が明けた気がしないので
私のホームはやはりここなのだな、と。

3月のfiveから9ヶ月ぶり
ゴジラさんのライブでは実に1年ぶり!
長かったなぁ…

f:id:aeonchannel:20210613202726j:plain

この日は配信もあって
ステージ上とセキュリティゾーンに
縦横無尽に動き廻る
凄いカメラを持ったスタッフさん達。

どうしても
私の構えたスマホの前を横切る形になるので
早々撮影は諦めました。

f:id:aeonchannel:20210613202905j:plain

…後ろの方から撮ればよかったのか???
いやでも、最前から観たいのでそれは却下。

f:id:aeonchannel:20210613203151j:plain

演った曲の半分以上が新曲で
(ゴジラさんらしいエピソード)
タイトルもわからないので
今回はセットリストは割愛します。

配信、アーカイブ残して欲しかったな…
配信は配信で観たかったし
スクショ大会したかった~!

f:id:aeonchannel:20210613203424j:plain

例年なら1回のライブで6~7バンド出演して
22時頃までの長丁場になるのですが
このご時世3バンドでも持ち時間はいつも通り
終演後、早々客電がつきSEが流れ…

ライブハウスに行った事がある方なら
お分かりの事とおもいますが
この状態は『終わりだから帰ってね』
なんですよね。

ここにいる皆がそれを解っている上で
アンコールの拍手は鳴り止まず
誰ひとりとして帰ろうとせず…

皆がどれだけライブハウスでライブを観る事を
心待ちにしてたのかを
如実に表す事柄で、震えましたね。

前日のday1のトリは
ロザリンドだったはずで
普段からアンコールをしないと公言されて
実行してるお二方なので
おそらく皆大人しく帰ったのだと思います。
(仕事の都合で参戦できなかったので憶測ですが)

つまり不測の事態で
複数のスタッフさん達が目顔で『どうする?』
と、やりとりする様がみてとれて
心臓バクバクさせながら見守ってました。

だって、この状況からアンコールって
やっていいの???

そんな緊迫した中で、全く緊張感なく
『良いのであれば~』
って出てきましたけどね。あのふたりwww
(そこがゴジラさんの良いところ)

この先どうなるかわからないけれど
『このふたりなら大丈夫』って
こういう時ほんと心強く思う。

10年目の節目の年。
今年も1年よろしくお願いします!

f:id:aeonchannel:20210613212714j:plain

ちなみに。
翌日のday3のトリはツキハムジヒナで
最初っからアンコールあり仕様でしたw

【ライブレポ】大船渡フリークス FREAKS Streaming live!! vol.1

f:id:aeonchannel:20201231223013p:plain

2020.12.12
大船渡KESEN ROCK FREAKS

FREAKS Streaming live!! vol.1
(無観客、無料配信限定ライブ)

⬇️2021年1月下旬迄アーカイブ公開
https://t.co/Rkt5aaglRr

ATOMICGODZILLA セトリ

1.セルフィッシュ・ラン
2.greed
3.新曲
4.新曲
5.羽根の生えたサル
6.セイギノテイギ
7.Bending machine blues
8.新曲

f:id:aeonchannel:20201231223155p:plain

2020年ATOMIC GODZILLA最後のライブは
大船渡からの配信ライブでした。

配信ライブの良いところはスクショで
簡単にベストショットが撮れるところ!
あと
普段はみれない角度からライブが観れるとこ!
f:id:aeonchannel:20201231223640p:plain

f:id:aeonchannel:20201231225140p:plain
転換中はずっと
新曲の動画を配信して下さってました
愛だ!

【ライブレポ】CROSS STEP

f:id:aeonchannel:20201231225851p:plain
f:id:aeonchannel:20201231211009j:plain

2020.11.29(日)
松園公民館メインホール

ATOMIC_GODZILLA セトリ

1 (ダンスコラボ)
 ある晴れた日のメリー
2 夢の国
3 羽根の生えたサル
4 窓
5 Bending machine blues

⬇️Bending machine blues
https://t.co/bHjBJOYy7H

2年前の若者文化祭でコラボした
ダンスチーム主宰の『ダンス×音楽×アート』な
イベントでした。

小さなお客さまも沢山で
ふみや君のMCが教育番組のお兄さん
みたいになってて面白かったw

しまいには司会のお姉さんにも
鬼滅隊とか言われてましたね
着てるシャツの色味的にwww

地域の公民館でしたが
どこでだってライブは出来る
と、心強く思ったライブでもありました。

それでも僕らはライブハウスを目指すのだろう。

【ライブレポ】チョコレートとライラック

2020年9月20日(日)
盛岡横丁内Restaurante kumagai

いつも美味しいご飯を提供してくださる
Restaurante Kumagaiさんでの
アコースティックイベント

『美味しい食事と素敵な音楽』
チョコレートとライラック

f:id:aeonchannel:20201122225454p:plain

ATOMIC_GODZILLAセトリ

1.ある晴れた日のメリー
2.夢の国
3.服を着た飼犬
4.てくてく(カバー)
5.夏草の揺れる丘(カバー)
6.アサヒヲ注グ

『メリー』はお馴染みのご挨拶ver
ムードメーカーふみや君、流石の演出w
動画撮ってたのにうっかり笑いすぎちゃって 
ブレブレになってしまったwww

地元先輩バンド?のカバー
残念ながら私の知らないバンドさんなのですが
くまさんが喜んでらしたのでヨシ

まさかのバックホーンカバー


この曲すごい好きだから嬉しい。

⬇️アサヒヲ注グ

他の店舗さんが営業されてる都合もあって
マイク無しでのライブだったのですが
入り口の階段の所が吹き抜けになっていて
声が素敵に反響するのです。

くまさんのお店がここでホントに良かった。
横丁さんはじめ、他店舗さんにもご協力頂いた
楽しく美味しいイベントでした。
ありがとうございました。

定期的にやっていけたらいいなぁ。


おまけ。
ライブ終了後はイエモンカバー大会になってましたw

【テキレボEX】【試し読み】〇Ⅹ△

ATOMIC GODZILLA『○Ⅹ△』

始まったような終ったような朝です
天気は晴れひどく晴れ時々危ない塵
あのバカでかいあいつが上陸して早三日が経ちます

僕はといえば、こんな調子。
ATM の手数料を払うみたいに笑って
DVDの延滞料を払うように怒って
相も変わらず棒人間をやっています

頭上をぶった切った青白い炎を見上げて
僕はあの言葉を悔やむのさ
吹き飛ばされてバラバラになって
その時だってあなたは無理して笑っていたでしょう

一昨日作ったのをタッパーで
とっておいたみたいな夜です
半固形の半透明が帳を落としてます

心配性の両親は迎えに来る途中で
ペーパー状になったらしいんだ
そう呼べるくらいの友人さ基本的に
流れ弾で全滅しました

まだなんちゃらを信じてるらしい
ミュージシャン連中が言ってた
rock’n’roll!!だってさ。

必死でしがみついた
孤独や希望の類いでは何も残せないと分かってたよ
飲み込まされて服従させられて
そんな風にわかったふりして
まあいっかって思っていたんだよなあ

光の巨人になれなくて
機械の戦士に乗れなくて
僕はいつまでも僕のままだった
僕は僕をやめられなかった

○でもⅩでもないようにって
つまらないことに生かされてさ
言いたいことなんかより
言わなきゃいけないことがあったんだ
ろくでもない僕だ

いつか一緒に歩いた
あの道のど真ん中で
あんなことされたあなたに
僕は「汚い」って言った

きっと死んだほうがいいのは僕みたいなやつなのに
僕みたいなやつばっか生きている
死んだほうがいいのは僕みたいなやつなのに
僕みたいなやつばっか生きていく

今度は行こうって思ってた約束も
今月は返そうって思ってたお金も
ほんとはさほど思ってない
そんな僕の前でみんな笑ってたんだ

思えば僕も笑ってたんだ
みんなの前で笑ってたんだ
思ったら僕も笑ってたんだ
笑ってたんだ笑ってたんだよ

失って初めて…ってこういうことかな
でもなんかそれもカッコ悪いから
もうやめにしちゃおうかな
この期に及んでこんなことを言ってしまう僕だ

何もなかったかのように去っていく
ヤツの背中を睨みつけるだけ

All songs & lyrics by 菊池拓


https://youtu.be/gSpMA4F0jfs

ATOMIC GODZILLAのCDが期間限定
で(~1/11まで)通販できます!

直リンクはこちら↓
https://t.co/FotjKHhwYK

【テキレボEX】【試し読み】鎖―プロローグ

f:id:aeonchannel:20201214194502j:plain

 梅雨のあけた空はからりと晴れていた。時折吹く風が日除けの為に閉めたカーテンを膨らまし、放課後の校庭の喧騒を巻き上げて三階の美術室まで運んで来る。それでもなお美術室の中は水の底の様にしんとしている。
 隅の薄暗がりに黒く塗られた絵がある。先ほどまでは制服姿の自分が描かれていた絵だ。

『勿体ない、良く描けてるのに』

 塗り潰す作業の間に顧問や先輩や…後輩の部員にすらさんざん云われた、文化祭の展示に向けて描いていた課題の自画像だった。

「だって、しょうがないじゃない」

 ぽつり、とすずは呟く。自分の内に蠢く、いいようのない醜い感情を知った。
 知ってしまった。
 ただただ純粋にきららを想っているのだと思っていた。彼女を想い、彼女の幸せを願っているのだと…でも違った。彼女を想い、微笑み、穏やかに眠る夜はもう来ない。

『…さんと、お付き合いする事になったの』

 はにかみながら報告してくるきららは、今までと違う可愛らしさを纏っていて思わず抱きしめたい程だった。それと同時に耳にした言葉に殴打される衝撃をうけて、吐き気と頭痛に襲われた。何か、何か別の生き物が自分の内でずるり…とのたうつような感覚にしゃがみこみそうになりながらも、顔は造った笑顔で

『そう…良かったじゃない』

と、祝福する言葉がどこか遠く空虚に響いた。

 彼との出会いから恋愛の進行具合までを、この3ヶ月ちくいち話しに聞いていた。些細な事でも報告してくるきららは、ほほえましく、報告の内容は空想味をおび現実味がなく、ドラマの進行を眺めるかのように成り行きを見守っていたのだ。だから素直に祝福できると、そう漠然と思っていた、なんて…なんて馬鹿だったんだろう!
 怒りのような、劣情のような、渦巻く感情を吐露するかのように描きかけの自画像を黒く塗り潰したのだった。

 すずは絵の具が乾いたのを確認して、黒い絵にそっと布をかける。もうすぐ彼女が迎えに来る頃だろう。
 ”これ“を、この身の内の感情を、きららにだけは見られたくなかった。

【ライブレポ】大船渡フリークス『キミ魔界に行った方がいい』

f:id:aeonchannel:20200826214114j:plain
2020年8月23日(日)
@大船渡 KESEN ROCK FREAKS
『キミ魔界に行った方がいい』

f:id:aeonchannel:20200826214810j:plain
見よ!看板に燦然と!
ATOMIC GODZILLAの名が…!

ほんとにこんな日が来るなんて。

フリークスのカウンターに
『フリークスに来て欲しいバンド』  
を記入するノートがあるのですが
(今もまだあるのかな?)

初めて現フリークスでライブ参戦した日に
記念に記入したんですよね。
ATOMIC GODZILLAって。

前の方はBACKHORNて書いてたな。
あれから3年くらい。
まさかこんなに早く実現するとは…

夢かなっちゃったなぁ…どうしよう。

f:id:aeonchannel:20200826223859j:plain

ATOMIC GODZILLA セットリスト

1.greed
2.(新曲)
3.セイギノテイギ
4.セルフィッシュ・ラン
5.羽根の生えたサル


はじめてのライブハウスでも
いつもと変わらず新曲ぶっこんじゃう
そんなATOMIC GODZILLAが好きだ。

実に5ヵ月ぶりのライブ

ATOMIC GODZILLAをおっかけはじめて4年程。
多い時は月5回とかライブがあって
じゃあまた明日、なんて言って帰った日もあったのに…

泣くかな、と思ったけど
もう只只ひたすら楽しいだけでした。

しかしライブハウス久しぶりすぎで
今までどうしてたっけ?って
かなり挙動不審にw

⬇️セルフィッシュ・ラン

大船渡フリークスは重低音がカッコいいライブハウスなんですが
スマホ撮影では全然再現されませんね。

さて、次ライブハウスに行けるのは
いつのことやら。